<着物お手入れご相談>きもの丸染め

丸染とは・・・

丸染めとは、松屋が業務提携をしている京都にあるお手入れ専門加工業者「有限会社 リファイン」が開発した、たいへん画期的な染め加工のことです。

着物をほどかず仕立て上がった状態のままで染め加工を行いますので、加工期間が短縮できます。お仕立て替えの費用がかかりませんので、リーズナブルな料金で染め替えが可能です。湯洗効果がありますので、うす汚れなどもある程度落ちるため、さっぱりした手触りに仕上がります。胴裏の黄ジミ等も染めることによって目立ちにくくなります。

丸染め五段ボカシ

こちらもお仕立て上がりのままでの加工です。ピンク色の袖が元の色です。

脱色(色抜き)してから丸染めも可能ですが、元の染色によってはご希望の色にならない場合もあります。(扇型のピンクが元の地色です)

★リファインの丸染めの技術で、独特の風合いに仕上がります。

丸染め前
年代物の訪問着
画像では見えませんが
黄ジミがいっぱい

★詳細は画像をクリック↑↑

丸染め後
茶色になるように丸染め
しました。現役復活‼
黄ジミも気になりません。

★詳細は画像をクリック↑↑

丸染め加工の工程 =丸染めは40日から60日かけて仕上げます=

工程1:着物診断

お預かりした着物の状態を入念にチェックします。細部まで検品・採寸・現状色をチェックした上で、専属のカラーコーディネーターが染色のための微妙な色合いを計算し、カラーを決定します。

工程2:職人による手染め

京都の職人による手作業で染め上げます。一枚一枚コンディションの違う着物は、染め一筋40年以上の経験を持つ職人の目で状態を見極めながら丁寧に仕上げられていきます。かなりの経験と技術が必要な工程です。

工程3:仕上がり

染め職人の厳しいチェックに合格した着物だけが、最後の仕上げの工程に入ります。元の寸法を確認しながら、仕上げ専門の職人が、少しづつお預かり時のサイズに復元していきます。この技術は丸染めにとってなくてはならない技術なのです。

丸染め料金表(税込)

品名料金
振袖37,800円
訪問着32,400円
附下げ32,400円
色無地32,400円
小紋32,400円
紬のきもの32,400円
コート・羽織32,400円
長襦袢20,520円
袋帯32,400円
名古屋帯32,400円
最終更新日:2014年03月18日
facebook